競艇の違反行為の中には、見ているだけではわかりづらいものがあります。

ファンにはわかりづらい違反

イエローカードを出す手

競艇場でレースを観戦していると、しばしば見かけるのが失格行為です。
不良航法や妨害失格など、悪質な行為は舟券を紙切れにしてしまう最悪なものでしょう。
例外的にお咎め無しになるケースもありますが、基本的には罰せられるのです。

 

こうした不良航法などは問題があったと認識しやすいので、ある意味で分かりやすいと言えます。
しかし実は、競艇には非常に分かりにくい違反があり、ファンでさえ気付かないケースがあるのです。
ここでは、あまり目にしない待機行動違反や優先艇保護違反について紹介したいと思います。

 

待機行動違反とは?

競艇場の大時計

競艇ではスタート前に選手が位置取りを奪い合って駆け引きを行います。
インコースを狙う選手も居れば、アウトコースから加速しつつスタートする選手も居るでしょう。
レースのスタート前から勝負が始まっているのが競艇の面白いポイントです。

 

そんなレース前の駆け引きの時間を待機行動と呼ぶのですが、この時に違反をすると待機行動違反だと判定されます。
例えば、故意に他の選手へぶつかって進路を妨害したり、助走距離を確保するためにエンジンを止めたりすると違反です。
悪質な場合だと、スタートラインに背を向けて時間稼ぎする選手も居るのです。
他にも様々な禁止項目があり、ルールを厳守しないと待機行動違反になるでしょう。

 

覚えておきたいのは、待機行動違反になってもレース自体は取り消しにならない点です。
仮に待機行動違反をした選手が1位になり、それを予測する舟券を購入していれば的中となります。

違反があったのにレース自体は有効、これが待機行動違反で重要なポイントです。
選手によってはファンのために、わざと違反をしてでも勝利を狙いに行くケースがあるのです。
もしも、選手自身が勝利を熱望しているようであれば、待機行動違反をしてでも1位を狙いに行くかもしれません。

 

ちなみに、違反をした選手は7点の減点となり、非常に重たい罰を受けることになります。
この待機行動違反の発表はレース後に行われるため、ファンには伝わりにくい点もあるでしょう。

 

優先艇保護違反について

レース中に事故が発生した場合、その付近で無理な追い越しをしてはいけないというルールがあります。
それに違反すると優先艇保護違反となり、選手は賞典無効にされてしまうのです。

 

事故が発生したら、先行艇を優先して順位をキープしなければなりません。
人命に関わることなので判定が厳しく、ちょっとでも際どい行為をしたらアウトになるでしょう。

 

レース順位は認められるのでファンからすれば舟券が無駄になる心配はないです。
しかし、賞金レースに出場出来なくなる選手からすると、優先艇保護違反は非常に厳しい処分になります。
ファンからすればレース結果に影響が無いので、分かりづらい違反となるのです。